スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1/100 デュナメス作成中-2

たまには自分のやり方を晒してみます

人それぞれですので、あくまでも参考程度に・・・ですね(^^)


20080824-1.jpg 20080824-2.jpg
まずは、シールド(左肩についている緑色の盾)ですが、キットのままではあまりにも薄すぎて貧弱に見えます

そこで、2枚重ねて厚みをつけました
左がキットのままで、右が改修後となります


20080824-3.jpg 20080824-4.jpg 20080824-5.jpg
頭部カメラです
キットでは開閉することができますが、カメラが小さいのですよ・・・
デュナメス独特の部分なので手を加えました
左からキットのまま→改修後・・・カメラオープン(狙撃時)→改修後・・・カメラクローズ(通常)
です

作り方ですが
20080824-6.jpg 20080824-7.jpg
WaveのオプションシステムのH・アイズ3ミニ(クリア)の2.5ミリをレンズにして、ラピーテープのブルーに透明接着剤にて貼り付けてジュエルシールを作成
レンズフレームはU・バーニア フラット1の4ミリを使用
フレーム部もちょっと目立たせたかったので、ガンダムマーカーのメッキシルバーを使用して塗装
このマーカー、1本持ってると重宝しますよ!
下手な塗料よりメッキ感あって、いいです!超おすすめ(^^)

それを組み合わせて使用したのですが、大きくなった分、可動のクリアランスも確保しないといけないので、取り付け部、V字アンテナ裏の基部を現物合わせで削り込みました



20080824-13.jpg
腰部 推進機? のディテールもキットのまま(左)ではあっさりしていたので、先日購入したエバグリのプラ板スリット入り(1.5ミリピッチの1ミリ厚)を使用してみました
ここは、もうちょっと手を入れるかも・・・です


目の塗装方法なんですが
20080824-8.jpg
いきなりすみません・・・ ;; 写真撮るの忘れてたんでここだけ違う写真です ;;
まず、ラッカー系塗料で目全体を塗装します
今回はシルバー+蛍光グリーン+白 だったと思いますw

20080824-9.jpg
完全に乾燥したら、次はエナメル系フラットブラックにて目全体を塗装します

20080824-10.jpg 20080824-11.jpg
乾燥したところで、エナメル系溶剤を綿棒にしみこませて、目の部分を拭取っていきます
拭取りすぎたら、もう一度ブラックを塗りなおして、拭取る・・・を繰り返します



20080824-12.jpg
簡単に塗りわけることができます
これは、以前塗料の種類と性質を紹介しましたが、その応用となります(^^)


下地のラッカー系がしっかりしていれば、上塗りのエナメル系塗料は何度もやり直すことが可能なんです
ただし、エナメル系塗料はプラ材を劣化させる性質があるので気をつけてください
数日後塗装したパーツが割れた・・・;; なんてこともあります


その他、いろいろやってるとこや、紹介したいとこもありますが、またの機会に!

 ←ランキングご協力お願いします!(クリックしてください)(^^)

スポンサーサイト
[ 2008/08/24 06:30 ] 1/100 デュナメス | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。