スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マテリアル-塗料編(1)

う~ん、今日もむり!多分明日もむり!・・・時間ないです・・・(><)

いくら、時間があっても足りない毎日です

もしこれから塗装をやってみたいという方の参考になれば・・・と思ってかくわよ(←オネエ調)

知ってる人はすっとばして!

模型用の塗料は大きく3つに分かれています
1)ラッカー系
2)水溶性アクリル系
3)エナメル系

1は希釈に溶剤(シンナー)を用いるため引火や、人体に有害なため、換気等に気をつけないといけません。ただし、プラには相性がよく、着色後の定着(はがれにくい)というのがあります。
大体、皆さんこれを使用しています。
代表製品としてGSIクレオスのMrカラーがあります。ガンプラ用にすでに調色されてガンダムカラーとして販売されているのもこの塗料です。
湿度が高い場合にはカブレをおこすのも特徴です。

2は塗料を水で洗い流すことができ、希釈も水でできる(できるだけ専用の溶剤のほうがよい)ので非常に人体に安心して使用できます。ただし、乾燥に時間がかかることや、プラへの定着が悪いなど使いにくいというのがあります。代表製品としてGSIクレオスの水性ホビーカラーやタミヤのアクリル塗料があります。
メタリック系はちょっと粒子が粗いですね。

3はラッカー系とよくにて専用の溶剤を用いるのですが、独特の発色と質感があります。乾燥に時間がかかり、筆ムラが出にくいというのがあります。代表製品としてタミヤのエナメル塗料があります。

その他としてガンダムマーカーがありますが、これはアルコール系といって上3種とは異なります。

上記の塗料同士は混ぜ合わせることはできません。
また、塗料を塗り重ねる場合も注意が必要です。


明日はこのつづき!
スポンサーサイト
[ 2008/07/30 23:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。